P.T. Guntner Indonesia

アジア市場への展開、お客様の近くへ

1994年、ギュントナーはインドネシアにおける生産工場、P.T.Güntner Indonesiaの設立を決定しました。
1996年には建設が完了し、第一号ユニットが生産されました。

まもなくして生産能力の拡大が必要になり、1997年に施設が拡張されました。当時、アジア経済は困難な状況にありましたが、同社の売上高は毎年増加し続け、生産施設は少しずつ大きくなっていきました。現在では、約500名の従業員を抱え、ギュントナー グループで2番目に大きい工場となっています。

ギュントナー製品の多くをインドネシアで生産することができます。
エンジニアと各分野の専門技術者から成るチームが全てのお客様の要求に対応しています。チームメンバーは高度な技術・知識を持ち、非常に熱心で、お客様に最大限ご満足いただくというギュントナーの主目的の実現に努めています。

工場拡張中にもギュントナーの高い品質基準を確保することは非常に重要なことでした。そして現在は日々の生産工程で高い品質基準を確保し続けています。インドネシア工場内の作業工程はすべて、ギュントナーのほかの拠点で実施されている生産工程と品質基準に適合するものです。ほかの工場と同様に、インドネシア工場も品質管理に関する国際認証基準であるISO 9001と環境に関するISO 14001、安全衛生に関するOHSAS 18001を取得しています。

Share this page

環境保護に力を注ぐP.T. Güntner Indonesia

ギュントナー グループでは、天然資源を慎重に扱うことを明確な事業目的として定義し、それは生産工程に組み込まれています。P.T. Güntner Indonesiaの生産施設にとって、責任ある水の使用は非常に重要です。すでに2005年に水処理設備が設置され、生産工程から出る廃水はすべてここで処理されてから運河システムに流出します。処理済みの廃水は一部生産工程で再利用されるので、水の消費量と環境への負荷が低減しています。さらに、廃水処理の過程で熱回収することでエネルギー費も低減しています。

これは、環境保護が企業内の経済効率に貢献することを示す見本になっています。