コントローラーとスイッチキャビネットの製造

ギュントナー コントロールズ部門は長年、最高品質で高性能のコントローラーとスイッチキャビネットを独自に開発・供給してきました。これらの装置とシステムはギュントナーの熱交換器に最適の仕様となっているため、ギュントナーの包括的な熱交換器システムの重要なコンポーネントになっています。ギュントナー コントロールズ製品の開発と生産を担っているのは、Güntner AG & Co. KGです。。コントロールズ・デベロップメント、コントロールズ・プロダクション、コントロールズ・プロダクト・マネージメントという3つの部門が密接に連携し、ノウハウを共有していることが私たちの性能の良さの土台となっています。

ギュントナーのコントローラーとスイッチキャビネットは、ドイツのシュロス・ホルテ=シュトゥーケンブロックにある専用の生産工場で生産されています。この工場では電子機器のモジュールが製造されるほか、コントローラーの組み立てや試験が実施されています。また、タタ生産工場で使用されるスイッチキャビネットの既成モジュールもここで組み立てられています。

コントロールズ・プロダクト・マネージメント部門はほかの2つの部門をつなぐ橋渡しの役割を担っています。新製品の仕様の定義、既存製品の見直しと改良、現代化された後継モデルに置き換えるために生産中止する製品のスケジュールの作成がここで行われます。同部門はコントローラー技術に関するあらゆる質問に答え、研修コースやお客様へのプレゼンテーションを実施するほか、問い合わせ対応で販売組織を支援します。

Share this page

性能

コントロールズ・デベロップメント部門は電子制御の製品開発を担当しています。すべてのハードウェアプラットフォームを設計・開発し、補完する応用ソフトウェアも開発・試験します。ギュントナー独自のスイッチキャビネットも設計・開発します。

さらに、ギュントナーのスイッチキャビネットを制御する基準を定義し、カスタマイズプロジェクトでの使用を目的とするスイッチキャビネットの計画全般を遂行します。