ドイツ・フュルステンフェルトブルックの生産工場

世界中で品質基準を統一

ギュントナーはヨーロッパ、アジア、南北アメリカの自社工場で、最新の生産技術による最高品質の熱交換器を生産しています。具体的には、生産ネットワークにはドイツ、ハンガリー、インドネシア、メキシコの工場が含まれます。
どこで生産されても、私たちの製品とサービスは全社で統一されたの高い品質基準を満たしています。

真にグローバルネットワークを展開するギュントナー グループ

ドイツ・フュルステンフェルトブルックにあるギュントナー グループの本社には管理事務所と生産施設の両方があります。グループ内のコミュニケーションを効率的かつ効果的なものにすることは、企業の核心につながります。そのため、フュルステンフェルトブルックにある管理センターに拠点を置くすべての部門は、マトリクス組織によって世界中の拠点と緊密に連携しています。さらに、このオフィスから世界中の拠点に派遣されるスペシャリストによって、常に情報交換が促進され、それぞれの拠点の正確な状況把握がなされています。

フュルステンフェルトブルックで生産されるカスタマイズ製品

フュルステンフェルトブルックの生産工場では、凝縮器とドライクーラーのほか、ヨーロッパ市場向けのカスタマイズ製品を生産しています。凝縮器とドライクーラーの生産ラインでは、銅、ステンレス鋼、鋼鉄、亜鉛めっき鋼、アルミニウムが使用されます。

 

 

 

Share this page